出版できる人はココが違う!

プロデューサー遠藤励起の出す出す日記・売れるかより人の心に届くか
「出版黄金法則」出版できる人、できない人はここが違う!

スポンサーサイト

2010.02.04 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - | pookmark |

【詩】今日という〈奇跡の日〉

2007.08.26 Sunday 16:43
今日という〈奇跡の日〉

すべてを偶然だと思っていたら、奇跡は起きない
すべては、あなたの強い思いの種から生まれる

あなたが、こうなりたい!と強く思ったから、
その心のエネルギーが、それと同質の波動を持つ人のエネルギーを揺り動かし、
思いもよらない方法で、あなたのもとに奇跡を運んでくるのだ

運んできた人も、そんなカラクリには気づいちゃいない
ただ、なんとなく、あなたに「いいこと」を持ってきただけだ
あなたに呼ばれたなんてことは、毛先ほども思ってはいない


今日あなたが、ふと感じたことも、
乗った電車も、会社で聞いた話も、立ち寄った店も、
手に取った本や雑誌も、訪れた場所も、目にした看板も、
テレビのニュースも、ホームページも、かかってきたケータイもメールも、
すべては、あなたの思いで引き寄せた現実であり、
そこには何かのメッセージがある

いつもあなたには、幸せの道に続く
〈セレンディピティの扉〉に誘うサインが届けられている
あなたがそれを、どう受けとめるかだけだ


今日あなたは、何を感じて、どう行動に移したのだろう
いつもと同じ一日のように感じているのだろうか
代わり映えのしない一日だと感じているのだろうか

だとしたら、まだあなたの願いは、宇宙に届けられていない
宇宙に届けられ、叶えられる願いならば、次の瞬間にも
そのサインは、あなたのもとに返ってきているからだ
小さな、小さな、ほんとうに小さな不思議な現象で……

確信してみよう!
今日のこの日が〈特別な日〉だということを
そしてそのメッセージが、今この瞬間、
自分のそばで躍動していることを

忙しく働きながらも、ふと、目を耳を皮膚の感覚を
世界にふわっと広げてみよう

何か感じるはずだ
今日という日の特別なざわめきを

何か感じてみよう
その感じを受けとめてみよう
しばらく目をつむって、瞑想してみるといい

そして、何かわからないが、わずかな衝動にでも駆られたら、
打ち消さずに一歩、まず心に添って歩いてみよう


セレンディップの扉には、『今日しか開かない扉の法則』がある
だから、今日を逃したら、望む未来は二度と来ないかもしれない

明日の扉は、代理の未来〈パラレルワールド〉を開くものかもしれない
それでも幸せな未来だろう、まずは扉を開けたのだから

でも、あなたがほんとうに望んでいた未来の扉は
昨日、そこにあったかもしれないのだ……

今日しか開かない扉を一つ一つ開けてゆくことで、
ほんとうに大切な扉を開くことができるのだ


今日の扉はどんなに小さくても、あまりたいしたもののように
感じられなくても、
幸せと夢の道に続く「とても大切な唯一の扉」なのだ

夢を叶える人は、その小さな扉の法則をよく知っている
だから、成功者は「人生には無駄なことなど一つもない」と
みな異口同音に伝えているのだ

一億円も、一円が一億個集まった結果である
大きな幸せも、小さな扉を開け続けた結果、手にすることができる


小舟も目指す方向に帆を上げているから、風が吹いたとき進んでいく
風が来たとき、慌てて帆を上げていたら遅いのだ
チャンスはその一瞬しか吹かないから

いつも帆を上げて、いい風が吹くのを、目を見開き、耳をそばだて、
毛穴を開いて待っていよう

今日という日は、そういう日だ!


セレンディップのサインは、まるで、湖に落ちる〈枯れた葉っぱ〉のよう
でも、水面が波打っていたら、そんな小さな葉っぱが落ちたことすら気づかない
だから、心は穏やかじゃないといけない

心を穏やかにして、小さな葉っぱが、心の水面に、
そっと落ちるのを感じていよう

心を穏やかにしていよう

そして、小さな葉っぱが落ちるのを待っていよう
poem | comments(2) | - | pookmark |

スポンサーサイト

2010.02.04 Thursday 16:43
- | - | - | pookmark |

コメント

ご無沙汰しております。
「はれ、ことば」の中島未月です。

何かに引き寄せられるように、こちらに辿りつきました。
お元気そうで、そして何よりも、お久しぶりに
偶然にも、遠藤さんの言葉を目にすることができて、とても嬉しく思っています。

心に添って歩いてみる。
そのためには、心が穏やかでなくては、
湖面に落ちる花びらいちまい、葉っぱいちまいの音を感じることができない。
ほんとうに、そうなのですよね。

耳を澄まさなければ、そして声の方に動かなければ、扉はひらかないのだと。
よく、そんなことを思います。

開きそうなとびらが、なかなか開かなかったり。
とつぜん、新しいとびらが開いたり。
相変わらず、そんな毎日を過ごしています。
そして、やっぱりずっと、書くことが好きで、愉しんで書いています。

またいつか、お目にかかれましたら、嬉しく思います。
ブログ、これからちょくちょく読みに寄せていただきますね。

どうぞよろしくお願いいたします。
| 未月 | 2007/12/12 4:06 PM |
未月さん

ご無沙汰してます。

ようこそいらっしゃいました♪

なかなか更新ができませんが、お付き合いいただければうれしいです。

よろしくお願いします。
| 遠藤 | 2007/12/14 12:23 PM |

コメントする










「出版黄金法則」出版できる人、できない人はここが違う!
「出版黄金法則」出版できる人、できない人はここが違う!
メルマガ登録・解除
自分の本を出版〜メルマガ発行者のゼロから出版記録〜
   
ブログパーツUL5